円覚寺白鷺池と桜。その向こうに見えるのは北鎌倉駅

ホーム ブログ

2021/04/03 北鎌倉の円覚寺散策-1

大本山円覚寺

北鎌倉駅の裏手にある。

東京から来た人はそのホームの一番前にある左手改札を出て直ぐである。

今日は、県道21号線(いわゆる鎌倉街道)沿いに立つ石柱「大本山円覚寺」から左におれて池を渡る。

由緒ある池で名は

白鷺池と言います。

円覚寺は、鶴岡八幡宮と縁が深く、

白鷺池は、円覚寺の開山が入山の折りに鶴岡八幡宮の神霊が白鷺に姿を変えて先導して、この池に降り立ったという伝説があります。

1889年(明治22年)の横須賀線の開通の時に、池は半分ほど埋め立てられてしまったと言います。

池を渡って振り返ると白鷺池と鎌倉街道

白鷺池は左右に分かれていて、お寺に向かって左側の池の方は、桜の木が植えられて風情がある。

鎌倉街道からお寺に向かって右側の白鷺池

そして石橋

石橋越しに円覚寺総門を見る

この左右の石柱からが円覚寺の敷地と思われるだろうが横須賀線は境内の中を走っている

総門

円覚寺見取り図

円覚寺は、臨済宗円覚寺派本山、鎌倉五山の第二位です。

「2位じゃダメなんですか」のフレーズが一時有名になりましたが、二位です、立派です。

一位は建長寺です。

円覚寺山門

さてここまで来たら、明日はいよいよ、夏目漱石とも縁がある庵へ

-ホーム, ブログ

© 2021 建築千夜一夜物語 Powered by AFFINGER5