ホーム ブログ

2021/4/8

2021/04/05 北鎌倉の円覚寺散策-2

鎌倉文士と呼ばれるほど、鎌倉は文士との縁が深い。 当然、鎌倉市内のあちこちに文人の住まいがあった。 さて今日はその文人達に愛された鎌倉の名刹のなかでも 文人が投宿してその作品を描いたことで知られるのが 円覚寺(えんがくじ) なのである。 円覚寺の開堂供養が執り行われたのは、弘安五年(1282年)で、 唐様(からよう)ともいわれる禅宗様(ぜんしゅうよう)の伽藍配置を擁していたといいます。 ※禅宗様(ぜんしゅうよう)の伽藍配置とは? 総門・山門(三門)・仏殿・法堂・方丈が一列に並ぶ。 他に、軒の反りー即ち「軒 ...

ReadMore

ホーム ブログ

2021/4/5

2021/04/03 北鎌倉の円覚寺散策-1

大本山円覚寺 北鎌倉駅の裏手にある。 東京から来た人はそのホームの一番前にある左手改札を出て直ぐである。 今日は、県道21号線(いわゆる鎌倉街道)沿いに立つ石柱「大本山円覚寺」から左におれて池を渡る。 由緒ある池で名は 白鷺池と言います。 円覚寺は、鶴岡八幡宮と縁が深く、 白鷺池は、円覚寺の開山が入山の折りに鶴岡八幡宮の神霊が白鷺に姿を変えて先導して、この池に降り立ったという伝説があります。 1889年(明治22年)の横須賀線の開通の時に、池は半分ほど埋め立てられてしまったと言います。 池を渡って振り返る ...

ReadMore

ホーム ブログ

2021/4/8

2021/03/31 今日は西行の命日

明日からと言っておきながら、筆が止まりました。 昨年からブログを毎日、更新していましたが、止めようと思います。 もっと、情報を詳しく調べて自分の身につけてから話をするのでないと 上滑りしていて、ブログ記事を上げるのが目的になってしまっては本末転倒。 折角このブログを訪れてきた人に申し訳ないと。 コロナ情報も、毎日23:59の情報を更新するのを待って載せると、ブログ更新がそれに伴って遅くなるので それに、このブログに来る人に向けたコロナのついての情報は、 NHKや札幌医大の情報を見ていただくことにして、デー ...

ReadMore

no image

ホーム ブログ

2021/4/9

2021/03/28 明日から建築千夜一夜物語を始めます

明日からは、建築千夜一夜物語が始まる予定です。 建築にまつわる四方山話を色々綴っていきたいと思います。 今日の新型コロナ感染状況 [2021/3/28 20時00分]国内新型コロナ新規感染者数:1,785人、国内総感染者数:469,608人、累計死亡:9,078人 国内総感染者数が46万人を超え、累計死亡が9,000人を超え下げ止まりが見えてきません。 むしろ、なだらかに上がり始めているように見えます。 新規感染者数(3/27):①東京都313人、②大阪府323人、③神奈川県64人、④埼玉県114人、⑤千 ...

ReadMore

ホーム ブログ

2021/3/27

2021/03/26 気になる原発廃炉問題(3)

気になる原発廃炉問題(3) 原子力学会ではその廃炉の最終形についていくつかのシナリオを素案として提示した。 シナリオ-1はデブリを取り出した後、すぐに建屋などを解体を始め廃棄物全て撤去する場合だ。 敷地が再利用できるまでには100年程度かかると推定した。 国のロードマップで目標としている最長40年を大きく上回る。 敷地外で処分が必要な放射性廃棄物は凡そ760万トンと試算された。 廃棄物の量を減らす検討もした。 シナリオ-1の修正はデブリ取り出し後、建屋などを数十年間安全に保存し、放射線量を下げてから解体す ...

ReadMore

 

© 2021 建築千夜一夜物語 Powered by AFFINGER5