間違いだらけの建物づくり 建築について

間違いだらけの建物づくりをしていませんか?-2

良い建物を安く建てたいと願う人へのメッセージ

魑魅魍魎-山や川の怪物。さまざまのばけもの。

260床のT病院の入札の巻

地方都市の260床の中核病院。

設計の経緯から話しますと、そもそも建主の決めた建設費というものは25億というモノでした。

当社がコンペで選定されてから、病院建設構造に免震構造必須という条件が明らかにされました。

後出しジャンケンみたいなモノでした。

当社がコンペで提案したのは、中核病院で60㎡/床を目標としていたので、

260床では15600㎡となり、建設費の概算は28億3千万(60万円/坪)となります。

因みに、当時、地方の市立病院(官公立病院)の建設予算は135万/坪で100㎡/床

これで計算すると260床で106億円程度となります。

建設予算とは約3億3千万の解離がありました。

しかし、実施設計が進み

鉄骨造10階建て免震構造。延床面積15,691㎡。

落札予定価格は25億のまま。

日本の大手建設会社、上から順に10社までのそうそうたるメンバーを呼んでの入札。

しかし、1回目の入札の結果は38億円が最低値で、最高値は48億円。

10億の予算オーバー

その時は明らかに談合があったと思われます。

というのは、入札額がトップから順番に1億か2億という綺麗な数字の差で並んでいたからです。

予算に合わないことで、建主からもどうするかの相談。

しかも県から、参加10社を総取っ替えしての新メンバーによる再入札するよう指導がありました。

そこで、慌てふためいたのが建設会社。

その中の1社、幹事会社(談合を仕切った)と思われる会社が泣きついてきたけれど後の祭り。

総取っ替えによる再入札!

新メンバーに選ばれた建設会社は、日本の準大手といわれる建設会社5社。

免震構造の病院とバイオクリーンルーム(手術室)を建設できる技術力量を持ち合わせている業者はこの15社程度。

しかも一回目の入札で、全国建設業者ランキング1位から10位までは指名してしまった。

又、新たに指名された5社からすると思いもよらないところからの指名であり、

営業を一切してこなかった建主からの突然の指名なので、これを受注するには気合いが入って、

入札は各社、相当力が入っていた。

結果、建主希望の予算25億に対して、3億6千万オーバー。

免震構造で約3億7500万増は止む無しと進言し、それを追加予算として認めるか揉めたが

それでも、病院近代化整備費国庫補助が決まったのでそれで良しとなった。

現実に坪60万8千円で免震構造・バイオクリーンルーム手術室を持つ近代的設備・構造を持つ病院は建設できたのです。

ということで、この続きは建築的な詳細を述べる回へと続きます。

-間違いだらけの建物づくり, 建築について

© 2021 建築千夜一夜物語 Powered by AFFINGER5